[お役立ち記事]外壁塗装・新築から5年でベランダ・バルコニーの防水チェックを!

ベランダ・バルコニーのひび割れ・剥がれ・膨れ

バルコニーやベランダ防水機能の劣化は、外壁の劣化よりも見落とされがち。

勾配の小さいベランダ・バルコニーには必ず防水機能があり、雨漏りが発生しないように防水効果のある塗料を塗ったり、防水シートを敷いてベランダやバルコニーの床材に水分が浸み込まないようになっています。

防水で塗った塗膜が薄くなってきたり、ひび割れが発生したりすると、防水機能が低下して雨漏りにつながってしまいます。

ベランダ防水(防水層)の寿命は、新築や前回の防水工事から約10年と言われていて、外壁・屋根の塗装を塗り替える時期の目安と同じです。外壁・屋根の塗装のタイミングでベランダ防水も行うことをオススメしています!

それでは、防水工事をするタイミングや種類などについて、詳しく見てみましょう。

ベランダ・バルコニーは、下地の上に「防水層」を作り、防水層の表面に「トップコート」を塗ることで構成されています。

ベランダ防水層の断面図

防水層の保護塗料であるトップコートは5年を目安に塗り替える必要があります。
保護塗料の劣化は下の防水層の退化につながってしまうので、トップコートの塗り替えはこまめに施工するようにしましょう。

防水層の種類ですが、
ベランダやバルコニーは「FRP防水」「ウレタン防水」が主流で、
「シート防水」「アスファルト防水」は屋上向けです。

防水層素材耐用年数
FRP防水繊維強化プラスチック(FRP)10年~12年
ウレタン防水液体ウレタン樹脂10年~14年
シート防水塩化ビニールシート
合成ゴムシート
10年~20年
10年~15年
アスファルト防水アスファルト(合成繊維不織布に含ませる)15年~20年

使用素材によって耐用年数に幅はありますが、紫外線や風雨により日々劣化したいくため、10年に一度を目安に防水層からリフォームすることを、おすすめします。

このような症状が出ていませんか?ベランダ防水は重要です!

耐用年数内にかかわらず、以下のような症状が出ていたら補修が必要です。

表面(トップコート)の色あせ

ベランダ・バルコニーの表面(トップコート)の色あせ

表面が荒れている・色あせが見られる時は、トップコート(保護塗膜)の機能が低下してきています。なるべく早めに塗り替えをするようにしてください。

ひび割れ・剥がれ・膨(ふく)れ

ベランダ・バルコニーのひび割れ・剥がれ・膨れ

ひび割れ・剥がれ・膨れ箇所を発見した時は、表面のトップコート塗膜だけか、防水層から劣化してしまっているのかを確認してもらいましょう。めくれや浮き上がっている場合、下地からの工事も必要になる可能性があります。

水がたまる

水がたまる原因は、
 ・排水口(ドレン)にゴミがたまっている。
 ・防水効果が切れている。 
 ・勾配(傾き)がない。
といったことが考えられます。まず排水口の掃除を行い、水が流れるか確認してください。解決しない場合は、現状を見てもらいましょう。

状況によりますが、排水口の汚れがひどい場合は清掃を。防水効果が切れている場合は、防水工事を。勾配がない場合は、勾配をつける工事を。といった対応が必要です。

藻や植物が生えている

ベランダ・バルコニーに藻や植物が生えている様子

藻が発生している・床から植物が芽を出している場合も要注意です。特に植物は根や茎が非常に強いので、成長していく過程で防水層を破壊していく恐れがあります。

そのまま放置していると、防水層だけでなく、躯体(くたい:柱・梁・骨組み部分などのこと)自体に影響が出てしまう危険性があるので、早急な工事が必要になってきます。

雨漏り

防水性が失われると水が内部へ侵入し、躯体(くたい:柱・梁・骨組み部分などのこと)の腐食の危険性が高まります。

ベランダ劣化の中で雨漏りは緊急性が一番高い症状です。早急に雨漏り箇所を見てもらい防水工事をしましょう。

おうちのベランダ・バルコニーなどで行われる防水工法のメリット・デメリット・工程を詳しくご紹介!

FRP防水

FRPとは、Fiberglass Reinforced Plastics の略で、繊維強化プラスチック(ガラス繊維などの強化材で補強されたプラスチック)を使用します。身近なもので例えると浴槽です。

メリット

耐衝撃性・耐摩耗性・耐久性・耐熱性・耐食性に優れており、強靭(きょうじん)で軽量なため、建物への負担が少なく、継ぎ目のないシームレスな塗膜を形成できます。

デメリット

プラスチック素材のため、長期間の紫外線には弱く劣化してしまうことがあるので、5年に一度保護塗料であるトップコートの塗り替えを怠らないことが重要です。

また、伸縮性には優れていないため、下地の動き(木の収縮)についていけずに、ひび割れを起こしやすくなるので、大面積の防水工事には向いていません。

工事の流れ

1.下地貼り

FRP防水1)下地貼りの様子

2.プライマー塗布

FRP防水2)プライマー塗布の様子

3.FRP貼り

FRP防水3)FRP貼りの様子

4.トップコート塗装

FRP防水4)トップコート塗装

完了

ウレタン防水

ウレタン防水は、液体状のウレタン樹脂を塗布し、材料が化学反応を起こすことで硬化し、ゴム弾性のある防水膜を形成します。

メリット

粘性のある液体状のため、複雑な形状や狭小部にもなじみやすく、継ぎ目のない防水膜を形成でき、どんな下地でも対応できるのも魅力です。

デメリット

ムラがなく均一に仕上げることが難しく、職人の塗装技術により仕上がりに差がでてします。また、乾くまでに時間がかかってしまいます。

ウレタン塗膜の薄い部分は、紫外線や熱により早期劣化が生じやすく、経年劣化で亀裂する可能性があります。

工事の流れ

1.下地調整

ウレタン防水1)下地調整の様子

2.補修

ウレタン防水2)補修の様子

3.ウレタン塗布

ウレタン防水3)ウレタン塗布の様子

4.トップコート塗装

ウレタン防水4)トップコート塗装の様子

完了

屋上や商業施設で行われる防水工法もご説明!

塩化ビニールシート防水

塩化ビニール樹脂シートを使う場合は、既存の防水材の上から施工することが可能で、下地に直接貼り付ける「接着工法」等間隔に置いた円盤やディスク板に熱溶着を行う「機械固定工法」で施工するのが一般的です。

メリット

紫外線や熱に強いため、耐候性に優れています。耐摩耗性も高いため、ベランダやバルコニーに適しています。

また、紫外線に強いので、トップコート(保護塗膜)を塗装しないケースが多く見られますが、屋根がないルーフバルコニーなどの場合は、トップコート(保護塗膜)を塗装したほうがいいケースもあるので、確認することが大切です。

デメリット

シートであるため、施工面(下地)が平らであることが条件です。凹凸がある場合 や複雑な形状・室外機が障害となる場合は、施工ができないことがあります。

もともとは硬い素材ですが、施工しやすいように可塑剤を加えて柔らかくして施工するのですが、この可塑剤が経年で気化していくことにより、寿命を迎えると割れやすくなります。

シートをきれいに重ねる作業が難しく、継ぎ目の処理を誤ると防水効果を発揮できないため、施工に慣れている業者に依頼することが重要です。

ゴムシート防水

ゴムならではの伸縮性を生かし、耐久性を持たせた合成ゴムで、塩化ビニールシートと同じ「接着工法」「機械固定工法」で施工されます。

メリット

伸縮性に優れているため、地震の揺れなどがあっても下地の動きについていけるので、ひび割れを起こすリスクが少ないのが特徴です。また、温度変化に強いのも特徴です。

デメリット

シートであるため、塩化ビニールシートと同様で凹凸がある場合は施工できないことがあります。厚みがあまりないため、塩化ビニールシートよりも衝撃に弱いです。

また、熱には強いのですが、紫外線に弱いためにトップコート(保護塗膜)の効果が切れる前に、塗り替えることが必要です。

アスファルト防水

古くからある防水工法で耐用年数も20年~30年と言われていますが、非常に重く、一般住宅に採用されることはほとんどありません。何もない屋上面積の大きなビルなどで採用される工法です。

このように、防水工事といっても 塗装業者で施工が可能な工事から防水専門の技術が必要な工事までさまざまです。

工事をお考えの際には、業者がどこまで対応できるのかを確認することも大切です。

外壁塗装 関連記事

・[お役立ち記事]そろそろ外壁塗装の時期?塗り替えのポイントは?

・[お役立ち記事]外壁のコーキング(シーリング)の劣化がもたらす被害とは?