[お役立ち記事]そろそろ外壁塗装の時期?塗り替えのポイントは?

塗膜が剥がれている外壁

外壁塗装の重要性とは?

外壁の下地(モルタル壁やサイディング壁など)は、塗装による塗膜で守られています。

しかし、風雨・太陽光・気温の変化に常にさらされ、年月とともに塗膜のはがれや、チョーキング現象(表面を触ると白い粉が付く現象)、ひび割れといった劣化現象が現れます。

塗膜の劣化を放置しておくと、劣化部分から水が染み込んで躯体部(構造の基礎となる部分)が腐食してしまうこともあります

躯体部分(柱や土台といった構造部分)が劣化してしまうと、修繕工事自体も大がかりなものとなり当然費用もかさんでしまいます。

外壁の定期的なメンテナンスを行えば、工期も費用も抑えることが出来ます。

外壁塗装工事は、お住まいをきれいに見せるためだけでなく、塗膜の性能維持・家の構造と寿命を長持ちさせ、資産価値を保つという意味でも必要なことです。

それでは、具体的に外壁塗装のタイミングやチェックすべきことポイントなどを見てみましょう。

塗装の時期は何を基準に確認すればいいのか?

まず、塗料の耐用年数を見てみましょう。

塗料の種類耐用年数
アクリル系塗料5年~8年
ウレタン系塗料8年~10年
シリコン系塗料10年~15年
ラジカル系塗料10年~15年
光触媒塗料10年~15年
遮熱・断熱塗料15年~20年
フッ素系塗料15年~20年
無機系塗料15年~20年

こちらの各メーカーが出している耐用年数は、実際の環境下での算出でないことと、新築時に塗装することを想定して考えていることもあり、実際の耐用年数にはズレが生じてしまいます。

各メーカーの耐用年数より早くこの現象が発生した場合、立地条件や地域性・近年の異常気象・深いひび割れは頻発している地震の影響はもちろんのこと、初期の塗装が不十分だったために症状が早く出てしまうケースもあります。

外壁からのSOSサインを見逃さないで!

素人でもわかる外壁劣化のサインをご紹介します。

外壁が汚れてきている

汚れてきている外壁

外壁にコケやカビが生えてくる

苔やカビのある外壁

外壁にチョーキング現象(表面を触ると白い粉が付く)が見られる

チョーキング現象の起きている外壁

外壁にひび割れが起きている

ひび割れのある外壁

塗膜がはがれてきている

塗膜が剥がれている外壁

鉄部のサビが目立ってきた

鉄部のサビが見られる外壁

「あれ?こんなことなの?」と思われたかもしれませんが、風雨や紫外線によって塗膜の表面が削れて薄くなると、これらの症状がみられるようになります。

おおよその目安としては使用塗料により変わってきますが、一般的にモルタル壁もサイディング壁も、前回の塗装工事から10年前後で塗り替えを考えていただくといいでしょう。

それでは、塗料の比較を見てみましょう。

塗料の種類と耐久年数の表
塗料の種類特徴
アクリル系塗料・発色がよく低価格
・汚れやすく耐久性に劣る
・現在ではほとんど使用されていない
ウレタン系塗料・密着性に優れている
・価格・耐久性などバランスが良い
・近年ではあまり使用されていない
シリコン系塗料・耐久性に信頼がある
・汚れや色落ち、カビや藻にも強い
・近年主流となっている塗料
ラジカル系塗料・耐久性に信頼がある
・防汚性、防藻性、防カビ性に優れている
・劣化する原因となるラジカルの発生を抑える効果がある
・2012年に発売された次世代塗料
光触媒塗料・耐久性に信頼がある
・太陽光で汚れを浮かせ、雨で洗い流す効果がある
・コストは高い
遮熱系塗料・耐久性が高い
・熱を反射する効果があるため、室内を快適に保ってくれる
・環境問題を視野に入れた次世代塗料
・自治体によっては補助が受けられる場合がある
・コストは高い
フッ素系塗料・耐久性が高い
・光沢感、防汚性に優れている
・商業施設などで使用されている
・近年では住宅塗装でも人気がある
・コストは高い
無機系塗料・耐久性が高い
・紫外線などにさらされても劣化が起こりにくい性質である
・耐候性も強い
・コストは高い

塗り替えの際には、耐用年数はもちろんのこと、このように各塗料の特徴を把握しておくことも重要です。

外壁塗装の流れ

1.足場仮設・飛散防止ネット

2.高圧洗浄

外壁の高圧洗浄の様子

3.養生作業

外壁の養生作業の様子

4.コーキング作業(先打ち)

外壁のコーキング作業(先打ち)の様子

5.外壁塗装・付帯部塗装

外壁の塗装の様子
外壁の付帯部塗装の様子

6.コーキング作業(後打ち)

7.竣工(しゅんこう)検査 ※完成した建物に不具合がないかをチェックするための検査

8.足場解体

外壁塗装 関連記事
・[お役立ち記事]外壁塗装・新築から5年でベランダ・バルコニーの防水チェックを!

・[お役立ち記事]外壁のコーキング(シーリング)の劣化がもたらす被害とは?