雨樋(あまどい)の清掃・修理・交換費用はどれくらい?

雨が降った日に雨樋(あまどい)から直接地面に雨水が落ちて、
「あれ?雨樋ダメなのかしら?」と気が付く方が多いと思います。
「見落としがちな雨樋(あまどい)の役割」に書かせていただいたとおり
雨樋は、ごみが溜まってしまったり、大雨や雪の重みで歪んでしまうと水の流れが悪くなり、本来の機能を果たせなくなってしまいます。

今回は、雨樋の補修や交換について見ていきます。

DIYでできる?

昨今、「DIY」が流行っており、「自分でもできるのではないか?」と考える方が多いかもしれません。
たしかに費用を抑えることはできるのですが、2階や3階など高い場所にある雨樋をご自身で直したり、交換するのは大変危険を伴います。
また、1階など脚立で作業できる場合も、補修や交換作業に不十分な箇所や作業があると、外壁や基礎など建物の躯体(くたい)部分の劣化にもつながりますので、業者さんに依頼することをオススメします。

雨樋の清掃・修理・交換に掛かる費用

雨樋の清掃・修理・交換にかかる費用の相場は、1万円~60万円ほどです。

雨樋の清掃1万円~3万円程度
雨樋の修理(1か所)5千円~5万円程度
雨樋の交換(全交換)15万円~60万円程度
※30坪くらいの戸建て住宅を想定しています。                       

雨樋の掃除

雨樋の清掃は、1階の手が届く範囲で脚立やはしごなどを使用し、必ず2人以上で行うなど安全面に考慮すればご自身で掃除をすることが可能です。

掃除方法は
・ほうきやトングで軒樋に溜まっているゴミを取り除く
・集水マス(集水器)のゴミを取り除く
・ホースを使い勢いよく水を軒樋に流す

この時に、水が流れれば掃除は完了です。水が流れない場合は、

・水を軒樋に流した状態で、竪樋(たてどい|屋根から地面へ垂直方向に取り付けた樋)を叩く
・それでも流れない場合は、長い針金などで集水マス(集水器)から竪樋(たてどい)
 に向かって水を流す

上記の清掃方法でも詰まりが抜けない場合や、手の届かない場所・高い場所は業者さんにお願いしましょう。
基本的な掃除方法は一緒ですが、高圧洗浄機を使用するので、ご自身で掃除されるよりも本格的に掃除ができます。

雨樋の修理

雨樋の継手(接合部分)が緩んでいる、または外れているときは、接着不良か経年劣化が考えられます。
継手が1〜2箇所外れている程度であれば「雨樋補修材」で応急処置をすることも可能ですが、一時的な処置でしかありません。
状態が悪くなければ、修理費用は5千円程度で済むことが多いので、やはり早い段階で業者さんに頼むのが良いでしょう。

支持金具自体が外れている場合や、抜けてしまっている場合は雨樋自体に負担がかかっていることが多く、支持金具だけではなく、雨樋自体を交換するケースが多いです。
このケースもやはり自身での修理は難しいので、業者さんに頼むと良いでしょう。

最後に

雨樋自体の歪みや支持金具の破損は、自然災害によって引き起こされることもあります。「火災保険の補償内容」に当てはまるケースは、保険適用となるのであわせて読んでみてくださいね。


また、雨樋については「見落としがちな雨樋(あまどい)の役割」に書かせていただいていますので、お時間のある時にご覧いただければと思います。

関連記事:自然災害が増えている今。加入している火災保険の補償内容ご存じですか?

     見落としがちな雨樋(あまどい)の役割