安くないおうちのリフォーム工事。失敗しないためには?

おうちのリフォームは「急に多くのお金がかかる」イメージが強く、リフォームの予算を捻出しづらいことが多いです。

しかし、外壁塗装や屋根塗装工事などの戸建て住宅の外観の工事は「定期的に絶対必要となる工事」ですので、毎月リフォーム工事代を積み立てておくことが必要となります。

より便利で快適な暮らしをする上で、「内装工事」には優先順位を高く見ている方が多いのですが、「外装工事」を怠っていると知らず知らずのうちに、おうちの劣化が進行して雨漏りや腐食につながり、資産価値が激減してしまいます。「外装工事」をしないで放置しておけばおくほど、住めないおうちになってしまうのです。

外壁塗装や屋根塗装工事をするのは、(現状塗ってある塗料によって耐用年数に違いが出ますが)一つの目安として10年に一度を例としてあげてみます。必要な費用として毎月1万円を積み立てで、10年後には120万円。

外壁と屋根の塗装工事が平均的にみると100万円前後なので、予算が組め費用を充てることができます。

外装工事(塗装工事など)は住宅を守るうえで欠かせない工事ですので、是非リフォーム工事積み立てをすることをお勧めします。

見積もりをとる側のマナー

別記事(見積書の見方とは?)に掲載しましたが、相見積もりを取ることは非常に重要です。

工事にかかる費用を可能な限り減らして低予算で工事をしたいと思うのが一般的ですが、見積もりをとる側のマナーもあります。

まず、相見積もりであることを各業者に伝えましょう。
その際に、他社の名前や細かい見積り内容を伝える必要はありません。

ただし、見積り内容を統一することが大切です。条件がバラバラだと比較検討ができなくなってしまいます。

また、打ち合わせや現地調査に時間がかかること・担当者の印象が薄れてしまうことがあるので、相見積もり依頼は3社程度に抑えることをお勧めします。

相見積もりを比較して「安い見積もりの業者と価格を合わせてほしい」「他社が安い見積もりを出してきたから、そちらも安くならない?」という値切り交渉はマナー違反です。

優良な業者は、現状のおうちの状態・現状使用されている塗料など、様々な観点から工事金額を算出し、必要以上に利益を上げない適切な見積もり金額を出しています。
なので、より安く工事をしてもらおうと値引き交渉をした場合良い印象がなくなるばかりか、業者は必要な部分を経費から削らなくてはならなくなるのです。

そうなると「手抜き工事」に繋がり危険です。確実な工事作業をしてもらうためにも、必要以上に値引きを求めるのは避けましょう。

見積りを依頼するということは、その会社で実際にリフォームをするかもしれないということ。お互いの信頼関係を壊さないためにも、見積り依頼時にはきちんとマナーを守りましょう。

格安業者にはご注意!

格安で工事を請け負う「格安業者」が存在します。

相場でいえば80万円~100万円する工事なのに、60万円~70万円ので見積もりを出してくるようなケースです。

相場よりもはるかに安い場合、必要経費を削る必要があります。経費削減の対象になりやすいのは、人件費と材料代です。

この人件費と材料代ですが、削ってしまうと後々後悔します。

・人件費
 正当な報酬をもらえなければ、現場を早く終わらせて、人工(1日あたりの労働人数)を抑える必要が出てきます。そのため、細部の施工管理を怠ったり、本来行われるべき作業を削る必要が出てきてしまいます。

・材料費
 塗料には「希釈率」というものが存在しますが、この「希釈率」を上回って薄
 めて使用します。
 塗装工程は「3回塗り」(下塗り・中塗り・上塗り)が必要ですが、下塗りや
 中塗りを飛ばして工程を減らして塗装します。

上記が経費を抑えるためにしてしまう行為です。「手抜き工事」の代表例です。

このように「格安で請け負う業者」にはワケがあるので、注意が必要です。

最後に

・養生や足場にかける飛散防止ネットを省いてしまうと、塗装面以外に塗料が付
 いてしまったり、塗料が近隣へ飛散することがあります。

・高圧洗浄や下地処理を怠ると、質の悪い塗装面に塗ることになり、密着性が劣
 り塗膜不良が起こります。

・塗料を薄めるとメーカーが提唱している品質の塗膜は形成されません。

・下塗りを省くと塗装面の密着性が劣り、塗った塗膜が浮いてしまう。

・中塗りを省くと耐久性の弱い塗膜になってしまう。

このように安く費用を抑えて施工すると、せっかく塗装をしても耐用年数よりも早くに浮き・剥がれ・縮み・ひび割れなどが発生し、外壁を保護できなくなってしまい、塗り替えの期間が短くなったり、次の塗り替え時に保証が受けれなくなってしまうこともあるのです。

塗装工事は高額な費用を伴いますが、高額になるのには理由があり、安全な工事・耐久性を保つための工程・しっかりと施工してくれる職人さんなど、様々な必要経費が組み合わさっているからなのです。

安さだけに惹かれて契約をするのではなく、必要な工事や工程は含まれているのか、追加料金が発生しないかなどをしっかりと業者さんに確認を取り、見積り内容の不審な点は必ず質問をして、後悔のないリフォームをしてください。