モルタル壁の劣化とメンテナンス時期とは?|外壁塗装

モルタル壁とは?

モルタル壁とは、水・セメント・砂を混ぜ合わせた素材で形成された外壁で、
1990年以前の戸建住宅によく採用されていました。

意匠性に優れ様々な仕上げ方があり、温かみのある味わい深いデザインにすることができる、家の形を問わず施工できることから、自分好みのおうちに仕上げたい方が現在でも採用されています。

モルタル壁の種類

リシン

表面が細かい粒でザラザラしている、昔からある仕上げ方です。

スタッコ

リシンより少し厚いでこぼこが特徴の昔からある仕上げ方です。

吹付けタイル

タイル材を1mm~3mm程度の厚さで吹き付け、陶磁器のような風合いをだす仕上げ方です。

左官仕上げ

コテなどの道具を使用し、ハンドメイドな雰囲気になる仕上げ方です。

モルタル壁の劣化

モルタル壁の最大の欠点は、クラック(ひび割れ)が起きてしまうことです。

クラック(ひび割れ)部分から雨水や汚れが入り、建物の寿命を縮めてしまうので、発見したら放置せず必ずメンテナンスをしましょう。

下記の症状も劣化のサインです。

・汚れや色あせ
 汚れや色あせが目に見えて分かる場合は、塗装の時期が来ています。

・カビやコケ
 カビやコケが生えている場合は、塗膜による防水機能が失われている状態で
 す。早めの塗装をお勧めします。

・チョーキング現象
 チョーキング現象が起こるということは、塗膜による防水機能がなくなって
 いるということ。早めの塗装をお勧めします。

モルタル壁のメンテナンス方法

モルタルの寿命は30年と言われています。

新築のおうちでは5年~10年を目処にメンテナンス(塗装工事)をしてください。
再塗装では、使用塗料にもよりますが10年前後でメンテナンスが必要となりま
す。

施工方法も、「吹き付け」や「ジョリパット」など、職人さんの技術や経験も求められてきます。

業者さんを選ぶ際にしっかりと施工方法やアフターフォローの内容を確認するようにしましょう。

また、寿命を迎え傷みがある場合には、貼り替えを検討するようにしましょう。