外壁タイルのメンテナンス方法や費用について

外壁タイルのメンテナンスは必要です!

外壁タイルはメンテナンスの必要がないと思われがちですが、実は必要なんです。
どんなメンテナンスが必要なのかわからない方のために、
劣化症状・メンテナンス方法・相場費用についてご説明していきます。

外壁タイルの劣化症状

タイル自体は高耐久性ではありますが、タイルを付けている接着材や目地(コーキング)は経年劣化してしまいます。


タイル自体に汚れも付くので、定期的に洗浄することも必要なメンテナンスといえます。

タイル自体のひび割れ・浮き・剥がれなどは、被害が小さいうちに補修工事をすると、費用も抑えられます。

メンテナンス費用相場

上記の費用相場表には「足場工事」は含まれていません。
足場工事が必要となる場合は、㎡=800円程度
飛散防止ネットも必要な場合は、㎡=200円程度 が必要となります。

高圧洗浄やコーキング打ち替えは、足場工事が必要となります。
コーキング劣化目安が7年から10年ですので、コーキング打ち替えのタイミングで高圧洗浄を行うと良いでしょう。

塗装は必要なの?

結論から申しますと、「必要ありません」
なぜならば、タイル自体の耐久性が非常に高く劣化の少ない外壁材だからです。
ただ、艶だしといった美観向上のために「クリア塗装(クリヤー塗装)」をする方もいます。
クリヤー塗装をした場合、塗料の耐用年数(10年程度)で再塗装をするようになりますので、業者さんとしっかり打ち合わせをすることをオススメいたします。

まとめ

メンテナンスいらずと思われがちな外壁タイル。
実はメンテナンスフリーではありません。
目に見える劣化症状以外にも、内部劣化を診断するために「打診棒」を使った打診調査(※)ができる業者さんに点検をしてもらうようにしましょう。


※打診調査とは
タイルやモルタルの壁の表面を専用の道具(打診棒)で叩いて、打撃音の変化により浮いている箇所があるかどうか、また浮きの程度を調べる調査



ご不明点・不安な点・気になる点は
ご相談のみでも大丈夫ですので、お気軽にどうぞ。
シミュレーションも承ります。
(無理に施工をすすめることはありません。)