おしゃれな外壁・ベージュ色の外壁~メリット・デメリット・カラーシュミレーション~

ベージュ色は、温かみのある色でクリーム色と同じように「人気のある色」
茶系統の赤味を帯びた黄色になります。

今回は、ベージュ色の外壁のメリット・デメリットを見ていきたいと思います。

ベージュ色の外壁メリット

淡い暖色系の色味なので、温かみや穏やかな印象を連想させるナチュラルな色合いが景観と馴染みやすいので、失敗することが少ない色だということがメリットに挙げられます。
和風のおうち・洋風のおうちにも似合う色で、汚れが目立ちにくいことも挙げられます。
無難な色合いの特徴から、色選びに迷っている方におすすめできる色です。

ベージュ色の外壁デメリット

落ち着いた色合いなので、周りの景観に埋もれてしまうことが、デメリットと言えるでしょう。
また、模様や柄が目立たない外壁材の場合、物足りなく感じてしまうことや、ベージュ系統でまとめてしまうと、メリハリがなくぼやけた印象になることもあります。
原色との組み合わせには適していません。

ベージュ色の外壁カラーシュミレーション

・黄色みがかっている色合い
・赤味がかっている色合い
・暗めな色合い
・明るめな色合い
と色の濃淡によって、見え方がことなります。
光の当たり具合などでも違ってくるので、カラーシュミレーションだけでなく、色見本を取り寄せるようにしましょう。

膨張色であるベージュ色は、おうちを大きく見せる効果がありますが、ぼやけた印象になってしまいがちなので、引き締め効果のある色を部分的に取り入れたり、レンガやタイルを取り入れたりして、メリハリをつける工夫を取り入れると良いでしょう。

ご不明点・不安な点・気になる点は
ご相談のみでも大丈夫ですので、お気軽にどうぞ。
シミュレーションも承ります。
(無理に施工をすすめることはありません。)

外壁塗装 関連記事

・外壁塗装 写真を使ってシュミレーションしてみよう!

・失敗しない!外壁塗装の色選びやコツをご紹介