【体験談】リフォーム工事あるある。~塗装工事後の後悔編~

弊社加盟の業者や、お客様からお聞きした「リフォーム工事あるある。」
をご紹介させていただこうと思います。

塗装工事後の後悔

塗装工事は費用が掛かる。
できるだけ安く済ませたかったので、相見積もりをとり、価格競争をさせ一番安い業者に施工を依頼した。
塗装工事完了後、きれいに生まれ変わった家を見て「安くていいリーフォームが出来たな。」と満足していました。

でも塗装工事から1年、2年と歳月が進むにつれて、くすんできたように思えたんですね。
あれ?と思いながらも、塗り替えたての時よりもくすむのは汚れが付いたりして、仕方がないのだと思い、なんとなく数年が経過しました。
すると気づいたんですけど、ムラや剥がれが所々ある。
やっぱり、塗膜自体の劣化が早い気がしたので、施工した会社に連絡をすると、アフターフォローはしていないと言われてしまったんです。ショックでしたね。
塗りたてのときって綺麗だからわからないじゃないですか。

こちらは弊社のチラシを見てお電話くださったお客様で、早速現地調査をさせてもらうことにしました。
おうちを見せてもらいまして、残念なことに「手抜き工事」だと一目見て思いました。
僕たちのようなプロが見ると、たくさん事例を見ているのでわかるんですね。
価格競争をさせて、一番安い業者に施工を依頼したことが、全ての原因かと思いました。
安価に施工するために、塗料を薄めている
塗装工程が足りない(下塗り・中塗り・上塗りの3回工程を2回にしている)
施工期間の短縮

など、これらの作業内容が原因で、通常よりも早い段階で塗膜の劣化が出ているのだとわかります。

このお客様は、事情をお話し、打ち合わせを重ね納得したたうえで、最初の塗装工事から7年経たずに弊社と塗装工事契約を結ぶことになりました。
普通だったら10年は持つ外壁塗装ですので、ちょっともったいない感じはしましたが、「この壁の状態でいたくない。」とのことでした。

~~~~~

このケースは、弊社加盟の塗装会社さんに聞いた実際のお話です。
「短期間でまた塗装をするとは思ってもみなかった。結局高くついたなー。」とお話しされていたそうです。

高額なおうちのリフォーム工事(塗装工事)は誰しも少しでも安く抑えたいと思うのが心情。ですが「安かろう悪かろう」という言葉があるのも事実。
短期間での塗り替え工事により、結果的に負担が増えてしまったこちらのケース。
安さだけを求めてしまうと、
・手抜き工事をされる。
・アフターフォローがない。

などのマイナス面が強く出てしまうことが多いので、金額だけではなく、総合的に判断されることをお勧めします。

ご不明点・不安な点・気になる点は
ご相談のみでも大丈夫ですので、お気軽にどうぞ。
(無理に施工をすすめることはありません。)

関連記事:外壁塗装の相場や適正価格は?相見積(あいみつ)もりって必要??
    :ちょっと待って!その見積もり本当に大丈夫?!〜適正な工事価格・相場編〜